摩擦撹拌接合(FSW:Friction Stir Welding)

円筒型FSW加工機
  • 摩擦撹拌接合とは1991年に英国のTWI(The Welding Institute)で発明され、国際特許を出願された接合方法で、下図に示すように、専用ツールを用いて接合部に差し込み回転さることで発生する摩擦熱によって、母材を撹拌させる接合方法です。
  • 近年では船舶関係や一部の鉄道車両にも用いられており、特徴としまして、通常のアーク溶接とは異なり熱による歪も少なく、また、ブローホール(気泡)や割れといった欠陥も少なく機械的性質にも優れています。
  • 当社では、この摩擦撹拌接合の技術を生かした製品にも手がけています。



摩擦撹拌接合(FSW)の加工事例

本コンテンツをご覧いただくには、Flash Player7.0以上が必要となります。

フラッシュプレーヤーのダウンロードはこちらから